Moments #1: Sweet Illusion of Hopper’s New England

IMG_4605

2017年5月3日、根室・納沙布岬近く。

心が乱れはじめたのは、海風のせいじゃない。

北海道最東端で出会った、Edward Hopperの描く風景。

見晴らしのよい乾いた土地に
スモーキーグリーンのコロニアルハウスでも建っていたなら
おそらく私はそこをCape Codと錯覚しただろう。

そう思ったら少し、故郷New Yorkで過ごす夏が恋しくなった。

 

Written by Katie / F.G.S.W.
Top photo by Michael Mroczek

One response to “Moments #1: Sweet Illusion of Hopper’s New England”

  1. […] 長い時を経てやってきた北海道で、ホッパーに出会うことが多いことに気がついた。以前ブログでもご紹介したが(“Sweet Illusion of Hopper’s New England”)山間、海沿いを走りながら現れる風景が、まるでホッパーの作品がキャンバスからはみ出しているように見え、その瞬間に遭遇するなりとても嬉しくなる。 […]

    Like

%d bloggers like this: