雨音を聴く水曜午後3時

Music: Jeux d’eau – Ravel

 

 

冷たい雨の水曜日。晴れていればスタルヒン球場に高校野球の予選でも見に行こうと張り切っていたのに中止の発表。しかたがないから町の小さなソリチュードでも探しに出ようと支度をした。

IMG_3860

2時間走って辿り着いたのは空港近くのアイスクリーム・パーラー。私たちとすれ違いに2色のアイスクリームを手に車に戻るパリッとグレーのスーツを着こなした男性。ふと夏のマンハッタンを歩くビジネスマンを思い出す。

新鮮な雨水を受けてすくすくと育つぶどうの葉の喜ぶ様子が手に取るように分かる。秋にはこのぶどう棚いっぱいにプヨンと弾力のある甘酸っぱい実をつけるのだろう。

IMG_3784

道民は雨が降ろうが雪が舞おうが老若男女アイスクリームを食べるトライブなのである。例え5年選手でもね。エアリーもコクの深い上質なアイスクリームに午後の気だるさが吹き飛ぶ。

今日のフレイバー: Mocha + Strawberry

IMG_3814

店には店主の女性と私たち夫婦のみで、店先の水たまりに雨粒が落ちる音が聞こえる。

ポロン、ポロン、ポロン、トゥン。最後のトゥンは、高く響く。

淀みのない澄んだ雨の音楽はリズムよく、休むことなく続く。それはピアノのような、あるいはグロッケンシュピールの鍵盤の上でマレットがはじけるような、軽快な音。

IMG_3796

6月の雨を好きだと言う人は少ないが、6月の緑は一年で一番美しい。秋色の葉も、憧れの眼差しで生き生きと季節を満喫する豊かな緑を眺めているよう。

「どんな植物も、6月だけは緑でないと」かわいい愚痴が聞こえてくる。

IMG_3852

夏を待てないパティオのチェアは少し寂しげにベンチに向かって恨みごとを言うと、ベンチは涼しげに微笑んでチェアを宥めるに違いない。

「もう7月になろうってのに、ああもう冷たい。体が冷えるわ、ねえ」
「鉄の椅子になったことも北海道に送られたことも、すべて運命、受け入れることよ」

1

◆ When it rains in Japan, they often make the hanging dolls with papers or fabrics called “Teru-Teru Bozu” meaning “the boys that bring the sunshine”   as a kind of good-luck charm and decorate them and pray mostly at the window for stopping the rain. The rear one might look bizarre, but it is actually a traditional style since the mid-Edo era.

私はというと、この町に住む誰より穏やかで、普段と少し違うこの休日が長く続けばいいのにと大人気なく願いながら、ささやかな今を忘れないように心に書き留めた。

スムースな口当たりの美味しいアイスクリームを心地良いソファでゆっくり食べて、本も持たずに出ても手持無沙汰を感じずに、濡れることさえ爽やかに傘もささずに天を仰いで楽しい雨のメロディを聴く、他愛もない水曜日の午後3時。

アイス工房 田村ファーム Clover